女子力UP応援サイト

女子を楽しむあなたを応援します♪女子力アップのヒントをお届け★

映画「ビリギャル」に学ぶ成功を引き寄せる為の5つのポイント

   

昨年、有村架純主演の「ビリギャル」大ヒットしたのは記憶に新しいと思います。

Sponsored Link

11月にはDVDも販売↓

され、再び注目が集まっています。

この映画、個人的には学ぶところが多く、
成功し幸せになっていくためのヒント
沢山隠されているなと思います。

そこで、今回はそこに注目して
この映画を見ていきたいと思います。

ストーリー

その前に、この映画のストーリーをおさらいしましょう。

学年ビリのギャル(=ビリギャル)さやかが、
1年で偏差値を40上げて、
慶應大学に現役合格したという
実話に基づいたストーリーです。
ビリギャル(引用:Youtube

ストーリーから見ても人に夢や希望を与える映画ですね!

さて、成功を引き寄せるための5つのポイントを
見てみましょう♪

1.宣言する

主人公さやかは自分の偏差値のことは置いて、
人前で堂々と
「慶應大学に合格します!」
と宣言します。
そこで失笑されようがお構いなしです。

もし私だったら、そんなの恥ずかしくって言えないよって
思ってしまいますが、
言っている彼女を見てとても清々しかったです。

そう、この宣言をするってとても大事なことなのです。
ある意味、自分に深い所でコミットメントしているのです。

2.素直にやる

これ、結構難しいことなのです。
人はよく「どうせ」とか「だって」とか「でも」とか
自分に対して沢山の出来ない言い訳をします。

でも、さやかは坪田先生(伊藤淳史役)の言うことを
素直に聞いてそれを実行しています。

成し遂げたいなら、成し遂げた人のやり方を
素直に真似ればいいのです。

3.出来ないではなく出来る方法を考える

映画の中でさやかは、周りの人の助けもありながら
勉強できる環境を整えていきます。

大事な友達との時間も大切にしながら
徹夜をしてでも勉強する時間を確保しています。

何事にもまっしぐら。
勉強が出来ないという言い訳より
出来ていくことを楽しんで、
加点法で物事を考えていきます。

マイナスではなくプラスに目を向ける。
とても大切なことですね。

4.とにかくやり続ける

諦めないでとにかくやり続ける。

さやかは学校の先生にも父親にも「慶應は無理」
と言われ続け、
途中くじけそうになりながらも
諦めないで勉強を続けました。

誰でも出来ることをこつこつ
誰も出来ないレベルまで積み上げ
合格を勝ち取ったのです。

続けた人にしか
見えない世界があるのです。

5.メンターを得る

勉強が出来ないさやかへの
周囲の扱いはひどいものでしたが、
その中でもさやかを導いてくれる人がいました。

母親と塾講師坪田先生です。

時には優しく、時には厳しく導きながら、
彼らはさやかの慶應大学の合格を
信じて疑わなかったのです。

そして本気になったさやかが
覚悟を決め勉強に没頭すると
周囲の態度も段々と変化してきました。

彼女の姿勢が彼女の周りを
変えていくのです。

メンターなんて見つからないよ
なんて思う人もいるかもしれません。

でも、きっとそれは気づいていないだけかもしれません。
そう思ったのなら、自分と向き合ってみると
いいと思います。


映画は「受験」という側面からポップな感じで進んでいきます。
ですが、上に挙げた5つのポイントは
受験だけではなく、
自分の人生にも応用が利くことだと思います。

よりよい人生を歩んでいくための
ヒントになればなと思います。

 - コラム , ,